毎日の紫外線対策で美白肌を目指す

紫外線は夏だけではない日焼けケアも美白へと繋がる

紫外線を浴びている

暑い日差しの季節だけ顔や体に日焼け止めクリームを塗ったりとケアしている方は多いと思うが春、秋冬でも自然と紫外線は浴びています。
強いて言うなら、家の中にいても紫外線を浴びる可能性があるという事で侮れないです。

 

美白ケアに重点を置いて日頃から美白パック、美白化粧水などを使用してもファンデーションだけでは防ぎきれない事もあるでしょう、多くの方がご存じだとは思うが、ダメージはいきなり現れず年齢を重ねていく内にシミになります。そうなると、美白は遠ざかってしまうので早め早めのケアが大事です。
事細かく書いていくと、日焼け止めでもその季節によって使い分ける必要が、一概に紫外線を浴びると言っても強いか弱いかも別れます。

 

例えば、夏の時期少しの時間外出するだけならSPF30でも十分、しかしアウトドアやプール、海水浴などほぼ1日屋外にいる時は、SPF50の濃度が高い物でなければ焼けてしまいます。
変わって、今ほどの季節冬〜春にかけては紫外線が弱くフェイス用日焼け止めでもSPF15〜20くらいが最適だと思います。
もしも夏と同じような濃度の日焼け止めを塗ってしまうと肌に負担がかかり、毛穴汚れ詰まりや黒ずみ、またくすみ肌の原因となり美白とはかけ離れた状態になります。

 

現在はオールインワン、他スキンケアにもUVカット成分が入っている物が多いのでわざわざ市販の日焼け止めを塗るのは面倒臭い、という方にはこのようなタイプが良いと思います。
紫外線中心の話になってしまいましたが、美白を目指すのなら必要要素となるのです。

 

 

日焼けしてしまった時の対処法と普段から美白生活を心掛けよう

大事に大事にケアしていても顔の皮膚は薄いので危うく日焼けしてしまう事もあると思う、1度焼けてしまったらもう元に戻せない、と悲観的になるかもしれませんがそんな事はないです。
変に刺激を与える事もいけませんが、絶対に美白関連のスキンケアと保湿を怠らない事が大切で、直ぐに結果が出ないと焦る必要もないのです。

 

年齢にもよるが、大体肌再生までの時間は1ヵ月以上かかる可能性があり、それまでにしっかり美白ケアを継続すればダメージを受けた肌を一生抱え込む必要はないと思われます。仕事やお出掛けの日は仕方ないとしても1日中家にいる時になるべく化粧をせずに過ごすのも良いですね、クレンジングというのも肌にとって重要だけど肌に負担がかかる事は事実です。

 

そして美白スキンケア以外に大切なのは、日常生活でも言えることです。
美白成分配合の栄養補助食品も普及しているが、これらはあくまでも補助食品となりますので、タンパク質、炭水化物、美白に良いとされているビタミンC配合の蜜柑、果実系をバランス良く摂取した上で、サポートしてくれる物となります。商品だけに頼らず、口から入れる食べ物は人間の身体、もちろん肌を作りますので基本中の基本を心掛けておく事です。

 

赤ちゃんみたいに全くシミもくすみもない透明感のある美白肌になれるか、と聞かれれば難しい所だが、大人は大人なりのケア方法があるのでその中で根気強く取り組んだ者勝ちかもしれないです。

 

美白への道はそう簡単で平坦ではありませんが、日々の積み重ねで自分の肌は自分でしか守れない、スキンケアと日常生活を併用する事で美白に近づける道だと考えます。