美白成分にはどのような種類があるのでしょうか?

美白成分

美白はもはや、スキンケアに欠かせない物となっていますが、美白に効果のある成分には、実に様々な種類があります。ですから、自分の悩みに合う成分が配合されたコスメを選ぶようにしましょう。

 

まず多くの美白成分に共通しているのが、メラニンができる過程を阻害する、つまり日焼け後などにメラニンをできにくくする効果です。これにはアルブチン、エラグ酸やトラネキサム酸、そしてコウジ酸などがあります。このうちトラネキサム酸は、肝斑の治療にも使われます。

 

またその他にも、プラセンタエキスも美白に効果を発揮してくれます。このプラセンタエキスは、保湿効果があることでも有名なので、乾燥肌で美白をしたい人には嬉しい成分です。

 

また、メラニンがをできにくくする以外に、既にできてしまったメラニンを、薄くする効果のある成分もあります。その代表的なものとして、ビタミンC誘導体があります。元々ビタミンC自体が、美容成分としては優れているのですが、そのまま配合すると不安定になるため、誘導体という形で、肌に浸透してから効果が表れるようになっています。

 

また、ハイドロキノンという成分も、メラニンができるのを阻止する一方で、できてしまったシミを薄くする効果があります。しかしこれらの成分は、効果も優れていますが、一方で刺激を感じることがあります。ビタミンC誘導体は、肌を乾燥させやすい性質がありますので、乾燥気味の肌の人の場合は、保湿力の強いアイテムと一緒に使うのがお勧めです。

 

そしてハイドロキノンは、元々皮膚科のみの処方となっていましたが、最近では低濃度の物を配合したコスメが発売されるようになっています。この場合も、肌が弱いなどで心配な場合は、まずパッチテストをしてからにするといいでしょう。

 

使い方としては、今は特にシミやソバカスはないけれど、日焼けしてメラニンが活発になるのが気になる人は、メラニンができるのを阻害する成分、アルブチンやエラグ酸、コウジ酸などが配合された物がお勧めです。

 

また、特に肌にトラブルがなく、できてしまったシミを薄くしたい時は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合されたアイテム、肌が乾燥気味の人はプラセンタエキス配合のアイテムがいいでしょう。

 

もちろん普段から紫外線に注意し、できるだけメラニンが発生するのを抑えようにすることも大切です。それから、もし美白アイテムを使っていて、肌にトラブルが起こった時は、そのまま使い続けるということはせず、皮膚科を受診するようにしましょう。